This page was highlighted with

Learn More LINER

http://getliner.com/Y7aeZ/
https://www.twellv.co.jp/sp/event/cassettetapemusic/bonus-track/b025.html

BS12 トゥエルビ

ザ・カセットテープ・ミュージック

番組TOP

スージー鈴木のボーナス・トラック

2018年10月07日放送

第25回「吉田拓郎の歌詞が好き!」


「もっと声に出して読みたい歌詞特集」のボーナス・トラックとして、また番組の中では1曲もかかっていない最後の大物=吉田拓郎の歌詞に注目してみたいと思います。


■吉田拓郎『元気です』

  • 作詞:吉田拓郎
  • 作曲:吉田拓郎
  • 編曲:青山徹・大村雅朗
  • 1980年11月5日発売

当時の吉田拓郎としては珍しい、自身による作詞。吉田拓郎と矢沢永吉という、広島を代表する長身男前の音楽家は、作詞よりも作曲&歌の人ということ。宮崎美子が主演したTBS系ポーラテレビ小説『元気です!』の主題歌。

歌は4番まであって、それぞれ「春」「夏」「秋」「冬」と割り当てられているのだが、中でも最後を飾る「冬」がいい。四季を超えて「冬」に旅立っていくという設定で、次のような歌詞が歌われる。これは声を出して読みたくなる。

「私も今」「船出の時」だけど、「言葉を選んで渡すより」「元気ですよと答えよう」。

お涙ちょうだいのウェットなメッセージではなく「元気です」の一言でいいじゃないか。まさに。未だにお涙ちょうだいの湿った歌詞が多い、Jポップのお別れソングに対する1980年からのアンチテーゼだ。

最後に老婆心ながら。この『元気です』という曲は、吉田拓郎のアルバム『元気です。』には収録されていない。アルバム『元気です。』は、シングル『元気です』の8年前=72年に発売されたもので、シングル『元気です』とは無関係なので要注意(クイーンの『Sheer Heart Attack』と同じ構造)。






■吉田拓郎『ビートルズが教えてくれた』

  • 作詞:岡本おさみ
  • 作曲:吉田拓郎
  • 1973年6月1日発売


作詞は岡本おさみ。この人は、吉田拓郎が作曲し、1974年の日本レコード大賞に輝いた、森進一『襟裳岬』の作詞もした人で、言わば、70年代吉田拓郎の「田舎系歌詞」の担当。逆に「都会系歌詞」は喜多條忠(きたじょうまこと)ということになる。

この、アルバム『伽草子』(73年)の中の1曲は、当時の日本人によるビートルズ論として、非常に画期的だったと思う。

「ビートルズが教えてくれた」のは、「もっと陽気であっていいじゃないか」ということだったのではないか。この歌詞は、そう訴えている。

これは、当時の貧乏くさくて陰鬱な音楽家たちに対する、岡本おさみと吉田拓郎からの批判のようにも聴こえてくる。ビートルズは、(一見)陽気に快活にロックンロールを奏で、世界の若者を魅了したじゃないか。それに比べて、お前ら、何ウジウジやってるんだよと。

桑田佳祐はラジオで「吉田拓郎を聴いて、音楽で金を稼ぐって、すげぇいいなと思ったんです」と発言していた。日本にロックビジネスを確立させたのは、ビートルズと吉田拓郎と矢沢永吉だと思う。だから日本のリバプールは広島だ。






 >今回の放送内容はこちら 

放送中! Now On Air

ランキング Ranking



お知らせ Information

©C.L.M. ©SEIBU Lions ©Rakuten Eagles ©写真:アフロ ©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ ©国際放映

What's BS12 トゥエルビ?

BS12 トゥエルビは無料のBS放送局です。デジタルテレビ、もしくはチューナーとBSアンテナがあれば受信できます。

このページのトップへ